坂口歯科こども歯科|熊本県 玉名市

小児歯科

Pediatric dentistry

「こんな未来になったらいいな」。坂口歯科からご両親へお伝えしたいこと

虫歯を作らないために

私たちが目指す「こども歯科」は、むし歯の治療をして終わりではなく、むし歯を減らし、むし歯をつくらないよう指導し、ブラッシング、フッ素塗布を行い、予防のために通ってもらえる歯医者さんです。

苦手意識を持たないように

日頃からおうちでも、歯を磨くことの大切さ、お口の健康の大事さについて、お子さまにしっかり伝えてあげてほしい。「歯医者さん=むし歯になってから行くところ」ではなく、むし歯になる前から、歯のクリーニングをする場所として連れてきていただければと思います。一度痛い・怖い思いをすると、歯医者を怖がり、行きたくなくなり、ご両親にとってもその後の治療が苦痛なものになってしまいます。

歯みがきが好きになる

歯のクリーニング、ブラッシングからスタートしたお子さんは、歯医者さんは「歯磨きをしたら褒めてもらって楽しいところ」「頑張ったらご褒美ももらえるところ」、そんな嬉しい・楽しい場所として通うことができるはずです。わたしたち坂口歯科スタッフはワンチームとなって、一人ひとりのお子さんにあった対応を心がけています。いまはまだ小さいその子が将来お父さん・お母さんになったとき、歯磨きの大切さを子どもたちに伝えられる。家族で歯医者さんに通ってもらうようになる。そんな未来を願っています。

基本的な診察の流れ

01

まずはお部屋(診療室)に入ってもらうことを目指します

スタッフが「○○ちゃん、お姉さんと中でお話ししよう」と明るく笑顔でお迎えにいきます

02

目標を一緒に設定します

「お口のなかのばい菌をやっつけて帰ろう! お母さんたちに見せちゃおう」などと声をかけます

03

たのしくお話しながら、歯磨きをします

スタッフとたのしくお話をしながら、ユニットの上で歯磨きの練習をします
「歯磨き上手だね、できたね!」などと褒めます

04

道具の説明をします

診察中に使う道具の説明をして、「こわくない機械だよ」ということを理解してもらいます

  • エアー → 扇風機
  • お水 → お口のなかをきれいにするシャワーだよ
  • バキューム → ばい菌を取ってくれる掃除機だよ

05

実際、口のなかにタービン(バーなし)を入れて練習をします

「ばい菌のキライなお水と音が出るよ!」
「すごい! できたね! 平気なの?」などの声かけを行います(実際は削っていない)

06

たくさん褒めてあげます

「よく頑張ったね! 強かったね! できたね! えらかったね!」
お母さんにも見せながら、たくさん褒めてあげます

※01〜06までのステップを、段階を踏みながら1日でできたらベストですが、
場合によっては何回かにわけて通ってもらい、できるようになるまで対応します

治療を嫌がる子・どうしても泣いてしまう子には

子どもが治療を嫌がる理由のひとつは麻酔の注射です。当院では、できるだけ痛くない麻酔(表面麻酔・麻酔液を温める・電動の無圧麻酔)の処置を使い、恐怖心や緊張感を持たせないような工夫を行なっています。それでもどうしても泣いてしまう子・怖がってしまう子には、「診療室に入れた」、「ユニットに座れた」、「歯磨きができた」など、何かひとつでもできたことを褒めてあげて、帰ってもらうことを心がけています。保護者の方も「今日は、ここまでよくできたね!」「次は、もうちょっと頑張ってみようか!」と、前向きな声かけをお願いします。虫歯を治療したら終わり、ではなく、ここからがスタートです。子どもたちの明るい未来のために一緒に頑張りましょう。

お願い・注意事項

  • 予約10分前までには来院をお願いします
  • 診療時間までに必ずトイレを済ませ、歯の汚れを点検してから来院ください
  • 来院時に極端な空腹・満腹を避けてください
  • 待合室での飲食はお控えください
  • 麻酔治療をしたときは、唇を噛んでしまわないようご注意ください